2023年下半期のベスト顔射ショットの投票開始!!>>

(AVレビュー)百田光希_初々しさと笑顔に癒される1億円美ボディ

百田光希
目次

女優さん情報wiki

百田光希
女優名百田光希
デビュー日2023年12月5日
年齢(デビュー時)21歳
身長166cm
スリーサイズ100cm 57cm 89cm
事務所

作品詳細

新人 1億円BODY 百田光希 AV Debut
新人 1億円BODY 百田光希 AV Debut
  • 発売日:2023年12月5日
  • メーカー:moodyz
  • 品番:midv569
  • 監督:うさぴょん。
  • 収録時間:160分

【MOODYZ史上、最高のカラダ降臨】1億円BODY・百田光希MOODYZ専属でAVデビュー!大学生活の大半がオンライン授業。人目につかず今に至る‘普通’の女子大生。でも、カラダは普通じゃなかった!百cmの宝石Jカップに57cmのくびれ!太陽も風も海も味方して虹までもがこのカラダを見る為に現れた!磨く前に既に輝きの片鱗を見せる新星原石。これぞセクシー女優ドリーム!令和の新・億り人が今ここに降臨!

\ 無料サンプル動画! /

感想・評価

3

H回数

1

多人数H

5

発射回数

3

顔射

0

口内発射

0

中出し

またまた期待の新人さんが出てきたな、と。

「1億円」とパッケージに大々的に乗せるほどにメーカーの期待が高い美ボディは、その期待に違わぬほどに素晴らしいスタイル。大きな胸、くびれた腰。形の良いおっぱい、小ぶりなお尻と。まさに興奮ボディ!

本番最中でもそのキレイさはわかりますが、更にわかるのが途中挟まれるイメージ映像。水着や裸で撮られた映像はまるでグラビアアイドル並みのキレイさ。このイメージ映像だけでも抜けるんじゃ?と思えるほど。

さらに初体験から1年未満。回数も6,7回しか経験が無いのにAV出演を決めるこの度胸。本番最中にもその照れ隠しのような会話もありますが、そこがまたデビュー作の初々しさも出ていて、とても好感が持てた。見ていて、ふと気づくと笑顔になっている自分がいたので、この明るさや周りを和ませる雰囲気は天性のものでしょう。

正直、初々しさや可愛さが前面に出て、エロさという面においてはもう一歩の部分があるが、それでも抜けるポイントはいくつかあるので、その部分を何度も見返してみたいと思う。

今後、どのように成長していくのか、非常に楽しみな女優さんです。

シーン別詳細

インタビュー

服装:ワンピース
内容:
発射:

メーカーが「億り人」と称する美ボディの持ち主 百田光希さんのデビュー作。パッケージを見るだけでもその巨乳がよくわかる。

最初は定番でのインタビュー。街中で待ち合わせて、そのまま街ブラや公園で根ほり葉ほりと話を聞いていきます。最初の印象は、本当に普通に可愛い娘。普通にモテて、普通に恋愛をして、普通に生活をしていたのだろう、と勝手な想像をしてしまう。

そして光希さん本人も、その”普通”な生活を変えたくて、AVデビューをしたという動機。イマドキと言えば、イマドキかな。

普段は塾講師のバイトをしていて、先生を目指しているとのこと。真面目な女性というところがこのあたりでも垣間見えてくる。

しかし(?)、なんと初体験は21歳。つい最近初めてを経験したらしい。(パッケージでは今は21歳女子大生となっているが、作品中は22歳と言っている。。。なぜ?) いずれにしろ、経験して1年以内でのAVデビューということに驚き。

付き合って3か月で初体験をして、まだ回数は6,7回しかないらしい。。。まだ処女に近いじゃん!

彼氏からもおっぱいのことばかり言われていたらしいが、光希さんも胸がコンプレックスだったらしくて、本人が一瞬「小汚いもの」と言っていたのが印象的。


そしてインタビューが終わって、大学の授業に出るというタイミングで、監督から「そのまま撮影に!」との相談を持ち掛けられ、授業さぼってスタジオに移動。。。というところで街中インタビューは終了。

百田光希
百田光希
百田光希
百田光希

初脱ぎ

服装:ワンピース
内容:
発射:

スタジオに入ると、男優の準備が無いとのことで、初脱ぎの撮影に。

可愛らしいワンピース。しかも結構なミニスカート。ひらひらで見えそうな服装にドキドキしますが、ワンピースなので一気に脱ぎ去ります。

現れるのはブラに包まれた大きなおっぱい。しっかりとくびれた腰。そして引き締まったお尻。この段階でもスタイルの良さがわかります。

そしてそのままブラを外すと、とても大きく、でも形の良いおっぱいが露わに。乳首の色もピンク色でキレイなバスト。カメラも接写で撮影しますが、その柔らかさも感じられるところは素晴らしい。

この時点で既に頬が紅く染まっているのもわかりますが、恥じらいのある様子もまた可愛らしい。

パンツも脱ぐとそこにはパイパンの下半身。そこもAVらしく接写でじっくりと。

監督が「120点です」「キレイです」というのも頷ける、そんな”億り人” 光希さん

百田光希
百田光希
百田光希
百田光希

初の人前オナニー

服装:Tシャツショートパンツ
内容:ローター電マ
発射:

男優が手配できないのか、でもそのまま終わりにしたくないのか、最初のシーンでオナニーを撮るという異例の展開。全然オナニーをしていないという光希さんですが、久しぶりの行為がいきなり人前で、という驚き。

スタジオに並べられた玩具に興味深々になりながら色々と物色しますが、緊張の様子は感じられず、楽しそう。


最初に手にしたのはローター。乳首に当てるが、すぐに電マに変えて同じように乳首に当てる。でも気持ちよいというよりはくすぐったいということで、あまり乳首は感じないのかも。

そんな様子をみて、監督から下半身に当てるように言われて、お〇んこに直接ローターや電マを当てていく。そうするとようやく気持ちよくなってきたのか、目を閉じて「気持ちいい」と漏らしていく。

まだイッたことは無いらしいので、早々にそんなオナニーも終了。

初日の撮影は、こんなドタバタの中で終了となりました。

百田光希

初めての人前SEX

服装:ワンピース
内容:手マンフェラ正常位騎乗位バック寝バックお掃除フェラ
発射:胸射

後日、大学の授業の合間に押しかけて、軽く会話をしていきます。相手は男優?

大学生活の話を淡々としていきますが、全然カメラをみない。恥ずかしいのか、チラチラと目線を送る程度。やはり街中の撮影では、周りの目がきになるのかもしれない。


そしてさらに後日。いよいよ男優を入れての撮影本番。目を閉じて男優が入ってくるのを待っている様子や、男優から自分で服を脱ぐように言われてドギマギする様子なんかが、明るく振る舞っているものの、でも空元気のような感じがして、とても緊張しているんだろうなと。そこにまた可愛らしさを感じるのがデビュー作の良いところでもある。

下着姿になり、後ろからおっぱいを揉まれると、一気に笑顔も固くなったのがわかる。久しぶりのH、初めての撮影でのドキドキ感がここにある。

乳首を触られてもやはり感じる様子はみえず。パンツを脱いで下半身を露出する時なども独り言をずっと言い続ける光希さん。緊張を隠そうとする様子に、見ている方が緊張してきたり、笑顔になったり。そんな冒頭。

しかし、次に場面が変わるとイキなりフェラ。仁王立ちになって軽く舐めるフェラで、時間としても長くはない。

そして、わずか数分のシーンが終わると、次はいきなり挿入場面。正常位で挿入していきます。

ゆっくりと挿入されていく際の光希さんの反応が面白い。中に挿っていくごとに「おぉー」という声と、おちゃらけたような表情。「どーん」という言葉で表現する挿入は、久しぶりに感じる棒なんでしょう。

しかし、ピストンをされるとそこはやはり気持ちよくなってきたのか、表情を歪めて、軽く喘ぎ声を漏らしていく。

騎乗位になると、「あまり得意ではない」「動けない」という光希さんですが、軽く突きあげられると「悪くない」と気持ちは良い様子。そしてピストンをされると、「んっ、んっ」と声を漏らす。

その後はバックや寝バックと体位を変えて挿入をしてきますが、反応が面白いのと、初々しいのでずっと見ていられる。

最後は正常位でFINISHを迎えますが、その挿入される時の表情はおちゃらけて。ピストンされる時には、顔をしかめて感じる。この時のしかめて感じる表情がなんとも可愛らしい。

最後は、胸に発射。この様子だとお掃除フェラは無いのかなと思っていたが、しっかりとお掃除フェラもしてくれました。

その後で、胸に出された白濁を触ったり、匂いを嗅いだりとしていく時の初々しい様子にもまたほっこりとしてしまった。

百田光希

ドギマギのご奉仕SEX

服装:ノースリーブミニスカート
内容:フェラ手コキ手マンクンニ69騎乗位バック側位正常位お掃除フェラ
発射:舌射

続いては、ノースリーブにミニスカートという美ボディには破壊力のある服装で、”ご奉仕”する側としてのSEX。デビュー2本番目で責め側をさせるなんて、しかも「M」だと言っている光希さんにこれはハードルの高い内容。もしかすると監督が実は「S」なんでは?と思っているのでしょうか?

キスをした後で男優の乳首を舐めていきますが、妙に楽しそうで、そして妙にエロい。テクニックがあるというわけでは無いが、その服装や髪形、表情からくるいやらしさみたいなものかな。

そして乳首責めが終わると、男優のパンツを脱がせて、仰向けに寝る男優の脚の間でフェラをし始める。「舐めていいですか?」という言葉も可愛らしい。

フェラもテクニックはあまりなく、棒を咥えて頭を上下に動かしていく。そしてフェラが終わると、自身の大きなおっぱいを男優の顔に近づけて、おっぱいを舐めさせながらの手コキ。男優が埋もれそうになるほどの巨乳は、やはりの破壊力。男優が「ママ」と言いそうだな。。。と勝手な妄想をしてしまった。

ここで攻守交替。今度は男優が光希さんの胸を揉んだり、お〇んこに手を入れて手マンをしていく。手マンをされると一気に光希さんの表情も歪み、「ダメダメ」「ヤバイ」と身悶えしながら声を漏らす。最初のSEXから少しだけ慣れてきたのか、感じ方は徐々に良くなっている。

その後、少し横向きに寝ながらの69を経て、挿入は騎乗位で。

全然激しくない、最初はゆくっりと腰を動かす騎乗位で、AVではなくまるで素人のハメ撮りをみているかのよう。そして徐々に男優主導で腰を振っていくと、とても気持ちよさそうに喘いでいきます。上手な男優に責められ感じる素人のような、そんな印象を抱くワクワクとするSEXです。

騎乗位を終えバックに移行する前に、一度手マンで責めますが、そこで初めて潮吹きをみせてくれる。こんな初々しい女優さんが潮を吹くようになったか。。。とちょっと感動もあった。

バックで挿入されると大きなおっぱいを前後に揺らし、顔を真っ赤に染めながら感じる。枕を手で握り締めているのが大好きです。そして実際はどうだったなかわからないが、小さく「イク」といった声も見逃さない。

その後、側位を経ての正常位でラストスパート。「気持ちいい」を何度も何度も連発して感じる様子は、一皮むけて感じ方も一段階あがったかのよう。決して乱れているというわけでもなく、それでいて控えめでもなく、まさにこれぞSEXという感じ方は良い!

さらに「口に出して良い」という男優の問いに対して、「口に出して」と返す光希さん。そのやりとりも、初々しかった光希さんがエロいことを言っているという感動に、ちょっと体がゾクゾクとしてしまった。

そして宣言通りに、そのまま起き上がった光希さんの舌の上に発射。あまりよくは見えなかったのが残念だが、それでも女優さんらしくなってきた光希さんがとても良いと思えるシーンでした。

初めてのフェラ抜きとパイズリ

服装:水着
内容:ローション手コキフェラパイズリお掃除フェラ
発射:顔射

続いては、フェラ抜きとパイズリの練習。元カレはパイズリをして欲しいとも言わなかったらしい。もしかすると元カレも経験浅め? フェラ抜きもしたことがないとのことなので、いずれも初めてづくし。

”いざ”という場面になりますが、本当に何をして良いのかわからないらしく、「どうしよう????」と指示を待ちます。見かねて男優が、「キスして」「乳首舐めて」と誘導していく。

軽くキスや乳首舐めをしたあとは、すぐに手コキをしていく。そこでローションも使って男優の棒はすぐに元気に。男優も「それ良い」と光希さんの動きを褒めて盛り上げているのが、さすがの慣れた男優さんだな、と。

フェラになると、「なんか上手!」と思うテクニックを見せてくれる。棒を咥えて頭を上下させるのは当たり前。棒の裏筋を舐めたり、玉を舐めて、先っぽを舌を出して舐めたり。上手だし、気持ちよさそうだし。こういうところは元カレは色々と教えていたんだな。。。

フェラの後にはパイズリ。初めてとのことで最初からどうやるのかを男優に聞きながら、大きなおっぱいを使って挟む。おっぱいを両手で持ってシゴく。柔らかそうなおっぱいなので、本当に気持ちよさそう。真綿で包まれた、マシュマロでシゴかれている、そんなイメージ。

途中「パイズリしながら乳首を舐めて」と言われた時に、「自分の乳首を舐めるのかと思った」と面白い発言も。そんな合い間合い間の発言も面白い光希さんなので、ドキドキ興奮するのと合わせて、ほっこりと笑顔になってしまう。

最後は再びフェラに戻る。仁王立ち状態で、「最後は顔にかけたい」「かけられたことある?」という会話から、いよいよの初めての顔射へ向けてフェラの速度もあがっていく。棒を手で握り締めて、亀頭部分を咥えながらシゴく。

そしてそのまま顔の正面に発射。すこし液体に近い濃度の白濁が、まっすぐに光希さんの顔にかかり、そして顔全体。そのまま流れ落ちておっぱいも濡らしていく。光希さんが慣れておらず、少々うつむき加減で受けたので残念なところでもありましたが、その掛かりぐらいや量は十分に魅せる顔射でした。

最後、顔射で目の前が全く見えない状態なので、カメラの向きを気にする様子もあり、明るい光希さんは最後まで続きます。

3Pで潮吹き、パイズリ顔射

服装:シャツショートパンツ
内容:クンニ手マン顔面騎乗手コキフェラWフェラパイズリ腋コキバック立ちバック松葉崩し騎乗位正常位お掃除フェラ側位
発射:顔射顔射

ラストは定番の3P。相手は貞松さんと澤野さんのベテラン2人組。最近多いなこの2人のデビュー作3P。貞松さんなんて、まだ顔は出ていないのに、その手の動きだけで”あっ、貞松さんだ”とわかるぐらいに、手の動きに特徴がある。。。

「どんな3Pが良い?」と言われても、好奇心で3Pがしたいと言っただけの光希さんなので、あまりハードな内容はお好みではなく「普通の」「ノーマル」でと控えめな希望。ベテラン二人が上手く誘導してくれることでしょう。

最初はいつもどおりに楽しそうに笑顔を見せたり、笑ったりする光希さん。大きなおっぱいではち切れそうなシャツを脱がされ、ショートパンツを脱がされて、乳首を責められ、下半身を責められとしていくうちに、徐々に表情も硬くなっていく

クンニをされると表情はさらに硬くなり、気持ちよさそうな表情も。そして水着を脱がされて手マンをされるとぐちょぐちょに濡れるお〇んこ。感度はとても良さそうです。

その後、顔面騎乗でクンニをされている時に、監督の指示で変わった体勢にさせられる。恥ずかしそうにしながらの体勢は、マン繰り返しで自分でお〇んこを広げるという体勢。顔とカメラの間にお〇んこがある状態なので、カメラを見ると自然に自身の下半身を見ることになるので、とても恥ずかしそうに顔を真っ赤にして目線をそらす。その様子もまた可愛らしい。

フェラになると、両脇に控えた男優二人に「圧が・・・」と緊張を感じる様子。二本の棒を交互に舐めていきますが、舐めている時にもその美ボディはアリアリとわかり、その光景にドキドキしてしまう。フェラも良いが、その美ボディは”やはり”の武器ですね。

Wフェラをさせられている時にも、自身の置かれている状況の異様さに戸惑っているようにも見えるが、少し笑いも漏れながら、舌を大きく伸ばして2本の棒を同時に舐めていく。

フェラが終わると当然のことながらパイズリもあります。立った状態の男優へのパイズリなので、そこに開いた腋。その腋を狙ってもう一人の男優が棒を差し込み、腋コキをするという面白い体勢。初めてかもしれない。。。腋コキ。

それが終わると待望の挿入。フェラをした状態から、もう一人が後ろから挿入していく。

挿入される瞬間に「んふぅ」と声を漏らし、腰を動かすと「んっ、んっ」と喘ぎ声をあげる。その控えめな喘ぎ声がまた興奮してしまう。

バックの挿入の後は、立ちバックや松葉崩し、ソファーの上での騎乗位など、割と全身がよくわかるような体位が長く続きます。それで光希さんのスタイルの良さや、おっぱいの揺れが良く見えるので、この見せ方はGOODだな、と。

また最後の流れも良かった。一人目が正常位でピストンして、そのまま胸に発射かなと思っていると、抜いてからパイズリをしてもらう。仰向けに寝ている状態の光希さんのパイズリなので、出し入れされる棒の目の前には光希さんの顔。そしてパイズリからの発射はそのまま顔にかかり、顔射がしっかりと決まる! その流れがGOOD。

さらに1本目をお掃除フェラしている時には、もう1本がすでに挿入されている状態。そしてそこから側位に変わり、再び顔射で〆。

この1本目から2本目の流れは興奮ポイントが詰まった、本作一で抜ける場面ですね。


最後のピロートークコメントもまた良かった。

監督「潮を吹いてましてね」 光希さん「(驚いた感じに)んはぁ、衝撃の事実」
監督「結構吹いてましたよ」 光希さん「んえぇ」
そんな驚いた様子が面白く、可愛らしい。

テロップ「3Pの感想は?」 光希さん「トータル、良かった」「違った?」
と、コメントが正しかったのかを問う様子もまた可愛らしかった。


そしてエピローグでは「このまま女優を続けていきたい」とも語ってくれているので、今後も期待をしたいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次